Top

小さなひとつの炎として、暖かい心の炎を伝えたいと思っています。ありのままの一日を綴っていきます。
by takatihomine
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
blog移転のお知らせ
当ブログの容量が満杯になりましたので、「朝陽の光の中で Ⅱ」として
再出発いたします。
今後ともご指導ご鞭撻賜りますようお願いいたします。
[PR]
# by takatihomine | 2006-12-01 23:55
情 熱
君は見ただろうか
今日の夜明けを
赤く染まった東の空に
この世に吹き上げる今日のいのちを

太陽観測衛星「ひので」がとらえた彩層の映像では、
数万度のガスが上空2万キロ程度まで吹き上がっているのが
見て取れるとある。

太陽大気の最も外側で起こる爆発現象、フレアが数百万度もの
高温になる仕組みの解明を目指すとある。

「今朝は寒かったが何度だったのだろう。」
数万度、数百万度・・・気が遠くなる!!!
考えたくない・・・通勤途上のこの美しさだけで十分です。
d0047960_2053745.jpg

[PR]
# by takatihomine | 2006-11-29 20:06
霊 魂 不 滅
あの頃がすべて昔のこととなった今も、
井川 遥さんの報道を見るたびに
その美しさに叫びだしたい衝動と焦りを覚える。
忘れたくても忘れられない美貌を永遠の無の中へ返すには
早すぎる。
すべてに終止符を打ち新しい世界を開くことなんかできない。
次の未来を求めないために、日常に溺れまいともがき続けている昨今です。
[PR]
# by takatihomine | 2006-11-27 23:05
食肉フェアー
昨日食肉フェアーに行ってみました。
2年前のルーラルフェスタでの、
豚の丸焼きの美味しさが忘れられなかったからです。
あの時は、炭火でジワジワと焼いていました。

今回は、写真のとおり形だけです。肉はこれの半身だろうと思いますが、
丸焼きの向こうで調理して炭火で焼いています。
丸焼きだったらもっといい味が塩とこしょうだけで付いていると思うのですが、
いくら「一頭が100万円した。」と説明されても、私が並んでまで食べたかったのは
少量でよいから塩・こしょうだけの油が滴る炭焼きの牛肉だったのです。
d0047960_2127781.jpg

[PR]
# by takatihomine | 2006-11-27 21:27
孫の守り
昨日は、遠方に孫の初誕生の祝いでおよばれに出かけました。
久々にみる孫は丸々と成長していて、いつもニコニコ笑っています。

子供も、私がお酒が飲めなくなったのを知っているのか
会食中孫と遊ばせてくれましたが、
怪我をさせてはいけないとの一心で
部屋中を移動する孫の傍で、目を離さないように付き添うのは大変でした。

孫が食事をするときに、冷めた料理をかきこんで休息です。

将来は相撲とりになるのかと思わせるほど、
大人の茶碗に入れたご飯をたいらげていました。

ほんとうに「いつもニコニコ元気よく」
成長した孫との一日でした。
一時間半の子守にくたくたに疲れた一日でしたが
ほんとうに幸福なひと時を過ごすことができました。

遠方の子供、お嫁さんありがとうございました。
[PR]
# by takatihomine | 2006-11-26 09:11
甘えるな息子よ!
帰宅してみると、久しぶりに子供が来ていました。
いつものことながら、何の用事があるわけでもありません。
たまには、家庭から解放されたいのでしょう。

夕食を食べるのと親の顔が見たいのでしょうか。
家庭のこと、職場のこと、世の中のこと等々
話すことはないのでしょうか。

ただ夕食を一緒に食べるだけです。
妻が「コーヒーでも入れようか?」「入れて」
「これミルクが入っていないよ」(自分で入れればよいのに)
妻が入れてやると「スプーンで混ぜてよ」
思わず苦笑しました。
「混ぜるぐらい自分で混ぜろよ!」
「父さんなんか、すべて自分でやっているのだから!」
思わず3人が顔を見合わせて大笑い。

ほんとうに困った息子です。
[PR]
# by takatihomine | 2006-11-24 22:20
スイミング スクール
秋も終わり木枯らしが吹き始めました。
札幌の積雪情報が舞い込む季節になりました。

私は、冬はすこぶる嫌いです。
寒さが嫌いだから季節まで嫌なのでしょう。
生きていくためには、冬に負けてはならなりません。

体力をつけるためにスイミングに通い始めました。
プールサイドは暖かさでムーとした不快感でしたが、
プールに入るとその暖かさは寒さに変わり
31.5度の水温の冷たさが体の心を捉えます。

25㍍を3往復してサウナに駆け込み、85度の温度で身体を温めるのですが
なかなか体の芯まで温まりません。10分入って、またプールへと
3回繰り返し初日は500㍍を泳いで帰り際風呂へ行きました。
この風呂がやはり一番芯まで温めてくれました。

やはり歳はとりたくないものだとつくづく感じた一日でした。
[PR]
# by takatihomine | 2006-11-24 22:03
もみじ 谷 の紅葉
早朝のすばらしい紅葉。
d0047960_2128262.jpg

[PR]
# by takatihomine | 2006-11-21 20:13
最愛の少女のように
すべての自然の中で
お前は私にとって最愛のものだ。

季節の黄昏に
お前は美しく舞い降りる。

そのあどけなさがういういしく、楽しさに溢れている。
今日もこうしてお前の夢の中で遊んでいる。

天国はお前のようなところなのか。
お前の青春のなかで
私の心の愛を聞いてくれ。
d0047960_20225867.jpg

[PR]
# by takatihomine | 2006-11-20 20:24
え び す 講
休日だというのに朝から雨が降っています。
都心の胡子大祭を見に行きました。

胡子神社がこんなところ(ビルの中)にあるとは知りませんでした。
やはり都心です。多くの人で賑わっています。
気になるのはやはりミニの若者です。
青春の血潮が騒ぎます。

今日のお目当ては、平和工房の945円のランチバイキングです。
30品以上のバイキング料理とあったか石狩鍋に舌鼓をうち、
地下で作られた工房ビール(ランチビール)にはコクがあります。

大田川沿いや城の周り電車道沿いの紅葉は今真っ盛り、毎年このルートの
紅葉が楽しみです。
帰りは、三滝寺の紅葉も訪ねました。
d0047960_208228.jpg

[PR]
# by takatihomine | 2006-11-19 20:08